月別アーカイブ: 2009年4月

王王軒

20090429-dsc04104

ということで、ラーメンが食べたくなったので徳島へ。徳島ラーメンの特徴は茶色の豚骨醤油スープに味の濃い肉・・・いのたに、ふく利も考えましたが最近は藍住にある王王軒がお気に入りです。

24-70ZAで初めて撮ったものがラーメンになるとは思いませんでしたが、やはり素晴らしい描写をするレンズだと思いました。

今回のドライブで初めてデミオの給油をしましたが、走行距離472kmに対して給油量は29ℓでした。雑誌には街乗りのほうが燃費がいいような記事もあったので、今回オール高速道路よりよくなるならうれしいかぎりです!

ファイルサーバをリプレースしたい

家にあるファイルサーバはNetatalk1.x/Samba2.xという組み合わせなのですが、普段使うのには得に困らないのですが、31文字以上のファイルとWindowsの機種依存文字が入ったファイルはMacOSから正常に見えなくなってしまいます。

どうせなら、容量もババーンと多くして冗長性も持たせ、GigabitEthernetに対応した高速なNASを構築したいと思います。

これでもSolaris使いの端くれ、構築するならSolaris10+ZFSで行きたいと思うわけです。ZFSの利点はRAIDを組んでもDiskを追加したり削除したりが容易なことと、管理がしやすいことでしょうか。Snapshotもすごくいいんですががが。

ただ、ZFSはリソースを結構使うので、そこそこ高速なCPUと大容量のメモリが必用になってきます。

IntelCore2DuoとSATAのHDDが4,5台入る箱を買ってくれば最初の構成としてはまずまずでしょうか。あとから箱を追加すればzpoolにポイポイ放りこむだけです。

zpoolからボリュームを各クライアントに切り出してやれば、もう各端末に大容量のディスクを搭載する必用もなくなってきます、GigabitEthernetならFireWire800ぐらいのパフォーマンスは出ないまでも、USB2.0なんかよりは何倍も快適なはずです。

写真、音楽、動画などが一極集中で管理でき、バックアップまで自動化できれば言う事無しです。

PCパーツ屋に行ったときにでも必用なパーツを選定しようと思います。

(完結!)やる夫がお隣のお姉さんを孕ませたようです

2chから生まれたまんじゅう頭のキャラクター「ニューソクデ・ヤル夫」がいろんな物語の主人公や、様々な体験をする「やる夫シリーズ」ですが、表題の「やる夫がお隣のお姉さんを孕ませたようです」がついに完結しました。

このシリーズをまとめたのは「やる夫ブログ」さんです。「やる夫がお隣のお姉さんを孕ませたようです」は超がつくほどのド田舎で育ったやる夫がお隣のお姉さんとの間に子供ができたところからストーリーが始まりますが、話の内容がすごく充実して読み物としてかなりクオリティが高いです。

とくに2部の話の飛躍は突拍子もないレベルですが、それを違和感なくまとめあげた作者は相当の文才と知識をお持ちだと思います。

一度時間があるときに暇つぶしでいいので見てみてはいかがでしょうか?

やる夫がお隣のお姉さんを孕ませたようですシリーズ

第1話はこちら

ダントツラーメン

1145337724_143

最近、兵庫町にできたラーメン屋が昼時はいっつも行列ができています。その名も「ダントツラーメン」前を通る度に食べてみたい衝動にかられるのですが、なにぶん並んで食べるというのが嫌なものでずっと放置していました。

今日は昼の時間がズレたので、ひょっとしたらサクっと食べれるかも!と行ってみたらすこーし並んでましたがすぐに入れそうだったのでGo!

入り口にある食券販売機で、ラーメン中を買いました。ここは中が大盛りに相当するみたいです。待つ事2、3分ですぐに案内してもらえました。

席の前には「にんにく・脂・野菜の大盛り自由」みたいなことを書いてあったので、とりあえず野菜大盛りと言ってみました。この発言が写真のような破壊力抜群のラーメンになるとは思いもよりませんでした。

さっそく食べてみると、背脂がたっぷり乗った醤油スープで僕好みです。スープをしみ込ませながらモヤシをやっつけていくんですが、これがなかなか減らないwww

最近晩飯でモヤシ1パック(200g)を食べるのですが、その倍ぐらいあります!それでもなんとかがんばってモヤシの層を抜けるころにはおなかいっぱいです。

この写真では麺が見えませんが、かなり特徴のある太麺です。モヤシと判別がつきにくいぐらいです。たしかに中なのですが、かなり多い・・・

なんとか完食したものの、午後が大変でした。今後はチャーシュー大盛り(これは有料)も試してみたいですね!

佐藤康光の寄せの急所 囲いの急所/佐藤康光

41tp33zd21l_sl500_aa240_

最近フカエモンとの勝率がかなり悪くなってきました。同じ実践詰将棋集をやっているはずなのに終盤の強さでかなり差をつけられてしまった感じです。

序盤はけっこう優勢な感じなだけに非常に悔しいです。四間飛車vs急戦が多いのですが、美濃の急所をガンガンつかれて寄せられてしまうのでこの本で勉強しています。

美濃、舟囲いのほかにもいっぱい実例がのっているのでこれを理解できればかなり上達できそうです。理解できれば・・・ですが。

一ヶ月のダイエット結果

年明けに禁煙してから体重が一向に落ち着かなかったのですが、3月あたりでなんとか増加が収まったみたいなのでダイエットを再開していました。

もうタバコを吸いたいという欲求すらなくなり、非常に快適だったのでそろそろ別のことをしても大丈夫だろうという判断でした。

3月の18日から開始したのですが、4月20に体重計に乗ると「−7kg」でした。この調子で続けて行きたいとおもいます。

前回は半年で15キロだったので今度は1年がんばってみようと思います。目指せ豊満な坊やと言われた俺様も今はこんなイケメソに!

東かがわ市「六車」

1143346713_249

東かがわ市でお仕事があったので、ジモティーのれいつんに聞いたところ「六車」がおいしいらしい。ちょっと民家っぽい造りのお店で期待がふくらみます。

昨日行った麺むすびもセルフじゃなかったんだけど、ここも注文言って座って待つだけ。若干お値段はセルフより高いけどまあどうでもいいですな、もともとが安いし。

写真はぶっかけうどん大。大は3玉だったみたいです、空腹のおなかにはちょうどよかったですが!麺は細めでコシもつよくノド越しも非常にいい!!

また他のメニューも挑戦してみたくなりました。

関連リンク:さぬきうどんの麺工房六車

勝負師/内藤國雄・米長邦雄

5186qp8e2zl_sl500_aa240_

小学生の頃、将棋に父親に将棋を教わってから将棋世界を読むようになったのですが、当時は内藤國雄九段の空中戦に憧れていました。当時は棋聖や王位といったタイトルをとってイケイケだったように記憶しています。米長永世棋聖との対局は「くにをあげての一局」と言われたそうです。

そんな二人の「くにお」の対談が本になったものがこの、「勝負師」です。

対談の内容は、将棋の事から始まり、勝負感、人生観、そして恋愛にまで及んでいます。坂田三吉から大山永世名人、そして羽生名人まで二人経験してきたエピソードなどをふまえて楽しく語っています。

一気に読んで最後に気づいたのですが、5年前に発行された本だったんですね・・・比較的最近の本だと思ってたのですがびっくりしました。アマゾンのおすすめで引っかかったのですが、アマゾンに感謝です。