月別アーカイブ: 2010年5月

ソフトバンク、 iPad等に新聞・雑誌を配信する「ビューン」サービスを開始

「ビューン」は、アップル社のiPad、iPhone、iPod touch、およびSoftBank3G携帯電話で、30以上の新聞や雑誌、テレビニュースなどがお得な定額料金で楽しめるコンテンツ配信サービスです。 閲覧できるコンテンツは、ニュース、ビジネス、ファッション、グルメ、モノ、旅、スポーツ、ファミリー向け情報など各ジャンルを代表するもので、年齢性別 を問わずどなたでも楽しく便利に使っていただけます。

ご利用料金はiPadが450円/30日間、iPhoneとiPod touchが 350円/30日間、SoftBank3G携帯電話が315円/月です。iPad、iPhone、iPod touchは利用開始から30日間、SoftBank3G携帯電話は利用開始から1カ月間、無料でご利用いただけます。

ということで、複数の雑誌が読めるビューンが明日からサービス開始です。iPadで月額450円、その他の端末だと350円以下というかなり安いんじゃないでしょうか。ちなみに提供コンテンツはこれだけあります。

「ビューン」掲載一覧(50音順)

ただ、すべての記事が読めるわけではなく、特集記事や雑誌の一部っぽいのでどれくらい読める部分があるかは試してみないとわからないですね。明日から30日は無料で試すことができるようなのでソフトバンク・iPad・iPhoneユーザはいかがでしょうか。

[iPad]もう言葉にならない!

最近、雑誌・テレビなどで騒がれているので、知らない人はいないと思われるiPadが到着しました。なんていうか、素晴らしい!素晴らしいという言葉で表せないくらい僕の人生には深く結びついた感じがあります。iPhoneの時も感じましたが、その比にならないくらいの手ごたえを感じています。

とりあえず、一通りさわってからレビューは書きたいと思います。今はひとつ、「iElectribe」でひたすら遊びたい。もうこのアプリが使いたくて使いたくて、iPadの予約前にソフトだけ買って待ち焦がれていたアプリです。どんなアプリかは、下の動画を見れば一目瞭然。

ということで、当分サルのようにこれで遊びます。

宮本製作所、ソニー「NEX」用マウントアダプターを開発

早くもソニーのミラーレスカメラ「NEX」シリーズに福音が!!!

宮本製作所、ソニー「NEX」用マウントアダプターを開発デジカメWatch

価格は絞りリングを備えたタイプが2万5,200円、絞りリングのないタイプが1万9,950円。

絞りリングを備えた「ニコンGレンズ用」、「ペンタックスDAレンズ用」と、絞りリングのない「キヤノンFD用」、「ペンタックスK用」、「ヤシカコンタックス用」、「ライカM用」の発売を予定している。

ペンタックスDA!ペンタックスDAのレンズたちは、NEXにとても合いそうですね。この中から、

  • smc PENTAX-DA 35mmF2.8 Macro Limited
  • smc PENTAX-DA 21mmF3.2AL Limited

あたりをチョイスして普段用に持ち歩きたいです。いやー、ペンタックスのレンズはNEXにとても合いそうだなぁ。もしくは、ニコンの「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」あたりもよさそうです。ただ、価格が純正のマウントアダプターと大差ないのが欠点ですね。これは他のメーカーからも出だしたら値下がりするでしょうけど。

NEX純正レンズがションボリという噂もありますが、いろいろな可能性もあるカメラだと思います!

ヴィーナスとジーザス(FullVersion)

以前にも紹介した、やくしまるえつこさんの「ヴィーナスとジーザス」のフルバージョンです。頭に残って延々リピートがかかってしまい、ハマってしまいました。

ちなみにオフィシャルサイトでも視聴することができます!

ヴィーナスとジーザス/やくしまるえつこ

本棚よサヨウナラ!

本を読む人の悩みの種と言えば、本の置き場所につきると思います。僕も本棚だけでは収まりきらず、積み本が大量に発生して足の踏み場に困っていました。

最近、某サイトの記事がいろんなところで話題になり本の電子化がとても身近なものに感じれるようになったと思います。

僕もScanSnapで書類や名刺のデータ化はちまちまやっていたのですが、本をバラして断裁するのには抵抗がありました。それでも、電子化したい専門書などは、知り合いの印刷屋さんで断裁してもらって、電子化していました。

先日、アマゾンから届いた本を積もうとして、部屋のなかで雪崩が起きたのを機に「どうせなら全ての本を電子化して本棚のない生活をしよう!」と思い断裁機を注文しました。

ということで、名器として誉れ高い「プラス PK-513L 26-106」が届いたので、実際に電子化してみました。

今回、電子化する本は上連雀三平の飲尿女神買ったばっかりの「王様の仕立て屋 26巻」です。


まだビニールも開封していない状態です。もちろん、読む前にバッサリやっちゃいます!

一冊まるまるだと、少し分厚いのでカッターで半分におろします。


ここで、断裁機の登場です。PK-513LはLEDの光で、断裁面を確認できて便利です。


綺麗にバラバラになったので、ScanSnapで読み取っていきます。読み取ったデータは、PDFで保存されますのでAcrobatやMacOSXのプレビューで編集します。


出来上がったPDFです、ここからPCで見る用に1ページ1ページを連番ファイル名のjpegにします。

Acrobatからは別名で保存、保存形式をJPEGにするだけで連番の画像が作成できます。


ここまできたら、あとは画像ビューワで読書タイムです。iPhoneだとi文庫でPDFがいいみたいですね。

あとは、iPadが到着したら、自分の本棚の本が全てiPadに収まるわけです。4畳分ぐらいのスペースが、たった10インチのサイズにまで小さくなったわけです。

ただ、電子データはバックアップをしっかり取っていないと、データが消えたときに大変なことになるので注意しなければいけません。

[MacOS X]Macで画像のロスレス回転

JPEGなどの不可逆圧縮された画像を、回転等の編集を行って保存を行うと、画質が劣化してしまいます。そんなときに、画像を劣化することなく回転させるツールが必要になります。Windowsならそういう便利ツールは沢山あるのですが、MacOSにも便利ツールありました。

Phoenix Slides

画像ビューワのようにフォルダ内の画像が一覧で表示されて、回転したい画像を選択して、回転の角度を決定するだけで保存まで完了します。

もちろん、複数選択して一気に回転なんてこともできます。Macで自炊している人にオススメです。

一杯一杯、また一杯

今週の新漢詩紀行のテーマは「酒を友に(パート1)」です。パート1ということは、来週も同じテーマだとおもいます。

漢詩では、酒を題材にしたものはたくさんあります。今週は有名な詩ばっかりですね。

李白「山中興幽人対酌」
于武陵「勧酒」
杜甫「飲中八仙歌」
王維「少年行」、李白「少年行」
自ら酒造りに励んだ白楽天(余話)

ということで、李白の詩「山中興幽人対酌」の有名な句がタイトルの「一杯一杯複一杯」です。

山中與幽人對酌
李白

兩人對酌山花開,
一杯一杯復一杯。
我醉欲眠卿且去,
明朝有意抱琴來。

山中にて幽人と対酌する
李白

兩人 對酌して  山花 開く,
一杯 一杯  復(ま)た 一杯。
我 醉(ゑ)ひて 眠らんと欲す  卿(きみ) 且(しばら)く 去れ,
明朝 意 有らば  琴を 抱いて 來たれ。

隠者と二人、向かい合って酒を酌み交わせば、周りには山の花がほほえむ
一杯、一杯、また一杯と杯をあける
わしはもう酔ってねむくなった
きみはまあ、ちょっと帰れ
明日の朝、気が向いたら琴をかかえてまたきておくれ

[foltia]安定稼働突入?

うちの録画サーバのCPUは少し貧弱なので、トラコンが動作しだすと猛烈に不安定になってしまうという欠点がありました。もちろん、録画専用機に特化していればいいのですが他にもいろいろサービスが動いていたので、その辺りも影響していたと思います。

ということで、前回トラコンを動作しないようにしてから半月ほど経ちました。

[foltia]トラコンをOFFにするには

それからは鬼のように安定しています。いずれは録画専用サーバを分離して、4コアCPUぐらいを使えば2TSぐらいなら同時にトラコンが動いても平気な環境にしたいです。

現状は別マシンでエンコードするので、トラコンは必要ありません。あとは昔のMplayerみたいに、数分でキャプチャが終われば文句ないのですが(贅沢)

Webインターフェースから処理の軽い時間に自分でトラコンの指定がかけれたら、現状のサーバでもトラコンは使えそうですけど、そういうインターフェースにならないかなー。

[SONY-α]ミラーレスモデルきた!

出る出るといいながらずいぶん待たされた気がしますが、とうとう発表されましたね。

ソニー、ミラーレスの”α”コンパクトレンズ交換式デジカメNEX-3/NEX-5を発表

商品名 型番 カラー 発売日 店頭予想価格
NEX-5薄型広角レンズキット NEX-5A ブラック、シルバー 6月3日 80,000円前後
NEX-5ズームレンズキット NEX-5K 85,000円前後
NEX-5ダブルレンズキット NEX-5D 95,000円前後
NEX-3薄型広角レンズキット NEX-3A ホワイト、ブラック、レッド、シルバー(ソニースタイル限定) 6月10日 65,000円前後
NEX-3ズームレンズキット NEX-3K 70,000円前後
NEX-3ダブルレンズキット NEX-3D 80,000円前後

とまあ、NEX-3とNEX-5の価格差は15000円ぐらい開いている訳ですが、基本的な性能はどちらも同じっぽいですね。

違いはAVCHCのフルハイビジョン動画が撮れるかどうか。NEX-3はMP4/1280×720が最高画質みたいです。

バイクのお供にできるデジカメを物色中でしたが、一気にNEXに傾いちゃいましたね(^^;
買うならNEX-3の広角レンズもでるでしょうか。Aマウントアダプタも発売されるみたいですが、2万超えとか高すぎる><

アダプタに関しては、絞り固定みたいですのでもう少し調査が必要ですね。

しかし、フランジバック18mmとかかなりがんばってますねー。APSでこれはすごいと思います。きっと社外からもマウントアダプタ出てくるでしょう!

とまぁ、期待に胸は膨らむわけですが、既存のAマウント達はこれからどうなるんでしょうか?α700の後継機種すら出ていない状況ですので、不安です。恐らくソニーとしてはしがらみばっかりでメリットの薄いAマウントよりEマウントに本腰を入れたいんでしょうけど。

ポートレートの為に35/85/135の単焦点だけ残して、もう後は処分してNEXシリーズに移行するのも悪くない気がしてきました。