月別アーカイブ: 2010年11月

おすすめCDを3つばかり。

最近ずっと垂れ流しにしているCDを3枚ほど紹介します。目新しいものはないんだけどね。

Caravan Palace/Caravan Palace
前から頻繁に紹介しているCaravan Palaceのアルバムです。メルセデスベンツで紹介された「Jolie Coquine」、僕の超お気に入り「Suzy」も入っていますよ!インポートだと1600円で超お得!

Jazbeat/Jazbeat
イタリアの方々らしいですが、昔の名曲をお洒落ににアレンジしております。「Sing Sing Sing」はオリジナルも超クールでイカしてますが、聞き比べてはいかがでしょ?

St Germain Des Pres Tourist
St Germainも以前から紹介しているので知っている人はいるかもしれませんが、Touristは永遠の名盤だと思います。

Photomatix 4.0.2 を買ってみた。

円高の影響でなにやら安くなっているのと、割引クーポンがあったので勢いに乗じて購入。

英語版だけど特に問題ないし気にしない!詳しい購入方法は

HDRソフト社 Photomatix Pro割引クーポンコード

ということで、Photomatix 4  の機能として、一枚絵からのHDR作成、まあTOPAZ ADJUSTみたいなもんでしょうか。

おいおい使いながらレビューしてみたいとおもいまふ。

AirVideo Server for Linuxを試してみる

AirVideoって便利ですよね、パソコンにある動画データをiPhone、iPadで再生できる便利アプリです。サーバアプリはWindowsとMacOS Xしか出ていないのですが、Linux版もAlpha Versionとして公開されていたので、試してみました。

Linux版のAirVideo Serverに必要なのは以下のソフト(dagのリポジトリは追加しておく)

  • ffmpeg(AirVideo用Patchが適用されたバージョンが必要)
  • x264(yumで降ってくるのは古いので、最新にしておきたい。)
  • mpeg4ip-server(こいつが結構メンドいアプリ)

では、ひとつひとつ順に入れて生きたいと思います。

1.事前準備

foltiaなんかを使っている人は、yumで振ってくるffmpeg使ってると思うのでいったんアンインストール。

# yum remove ffmpeg x264

あと必要そうなパッケージを入れておきます。

# yum install yasm lame-devel faad2-devel SDL-devel java-1.6.0-openjdk git

2.x264のインストール

# git clone git://git.videolan.org/x264.git
# cd x264
# ./configure
# make
# make install

3.mpeg4ip-serverのインストール

ここからダウンロードして、指定の場所に置きます。

# tar zxvf mpeg4ip-1.5.0.1.tar.gz
# cd mpeg4ip-1.5.0.1
# ./bootstrap
# ./configure
# make
# make install

たぶん、makeに失敗すると思いますので、そのときは以下のファイルを修正しましょう。

=>undefined reference to `XMoveWindow’ とかでこける場合

player/src/Makefile (208行目)

CXXFLAGS = -g -o2 …-D_REENTRANT
から
CXXFLAGS = -g -o2 …-D_REENTRANT -L/usr/lib/X11 -lX11

で、再度Make

4.ffmpegのインストール

ここから
「FFmpeg source code used in Air Video Server 2.2.5 and newer can be downloaded」
をダウンロードして、任意の場所に置きます。

# tar jxvf ffmpeg-for-2.2.5.tar.bz2
# cd ffmpeg
# PKG_CONFIG_PATH=/usr/local/lib/pkgconfig;export $PKG_CONFIG_PATH
# ./configure –enable-pthreads –disable-shared –enable-static –enable-gpl –enable-libx264 –enable-libmp3lame –enable-libfaad –disable-decoder=aac
# make
# make install

5.AirVideo Serverのインストール

# mkdir AirVideo
# cd AirVideo
# wget http://inmethod.com/air-video/download/linux/alpha4/AirVideoServerLinux.jar
# wget http://inmethod.com/air-video/download/linux/alpha1/test.properties

# more test.properties
path.ffmpeg = /usr/local/bin/ffmpeg
path.mp4creator = /usr/local/bin/mp4creator
path.faac = /usr/local/bin/faac
password = abc <=AirVideoのログインパスワード
subtitles.encoding = windows-1250
subtitles.font = Verdana
folders = share:/mnt/share <= 共有名:共有パス 共有名とディレクトリが同じ名前じゃないとダメかも?

これでインストール完了です、サーバの起動はAirVideo Serverのあるカレントディレクトリで

# java -jar AirVideoServerLinux.jar test.properties &

です。お好みでchkconfigに登録すればなおよろしいかと。実際使ってみた感想は3Gではちょっと大変だけどWiFiでアクセスするときは外出先からでも十分使えそうですね。出張時はすごく重宝しそうです。

参考サイト

Air Video Server on CentOS 5.5CommentsAdd Star