【PT2・foltia】録画サーバリプレースを考える。

今の録画サーバの環境は以下のようになっています。

録画マシンまとめ

安くて静かないいマシンなのですが、CPU が PentiumDC と若干非力。録画するだけなら全く問題ない性能ですが、AirVideo や foltia のエンコードもまかせるには力不足感は否めません。ファイルサーバとしても動いている為、アクセスが重なるとやっぱり不安がつきまといます。

そこで、録画サーバとファイルサーバを分割しちゃおうと考えています。録画サーバは「安くて静か」に加え、そこそこの性能と省スペース性も確保したいです。

そう考えて選定したのがこれ。

  • SilverStone SST-SG06(Mini-ITXケース)
  • Intel DH57JG(Mini-ITXマザーボード・LGA1156)
  • Intel Core i3 550(CPU 2コア2スレッド)
  • メモリ 2G×2
  • HDD 2T
  • GH-EB262-C7 or GH-EB262-C13(PCI-Express=>PCI変換コネクタ)
  • PT2
  • SCR3310-NTTCOM(ICカードリーダ)
  • B-CASカード

以上でだいたい6万5千円ぐらいかな?PT2関係を持っている人は5万円弱でいけると思います。マザーボードを最初からPCIバスが付属していものに変更すればさらに安くなりそうです。2枚挿しだとどうしてもライザー必要なんですよねぇ。

あと、録画だけでいいや。エンコードはメインPCでやるし録画専用にするからCPIパワーいらない!という人はAtomのマザーボードを選択することでCPUとPCI変換コネクタを省略でき、トータル5万円ぐらいで組めそうです。

OSは個々に任せるしかないのですが、僕はCentOSをチョイスします。また、Windows 7 でこんな情報もあるので、アリかもしれません。

Windows 7 Enterprise 90日評価版
http://technet.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/cc442495
ダウンロードできるのは年末までだぞ。急げ!

ライセンス認証をする→90日後・・・→ライセンス期間が終了→
ミ田→すべてのプログラム→アクセサリ→コマンドプロンプトを右クリ
→管理者(ry→slmgr.vbs -rearm→再起動→ライセンス認証→90日後・・・→(ry

最初のライセンス認証+5回のrearm後ライセンス認証で6回。
つまり、最低でも90*6で540日使える。
さらに、ライセンス認証前に10日の猶予があるため、10*6=60、
540+60=600で、最大600日使える。

Windows XP もそろそろしんどくなってきたので、Windows 7 買っちゃおうかな。

省スペースでそこそこ使えるマシンを選ぼうとすると、どうしても値段はあがっちゃいますね。省スペースといっても高さぐらいで設置面積はMicro-ATXと変わらないんですが・・・

これよりもう少し大きくてもいいや。という人には超オススメ「Express5800/S70 タイプRB」。PT2を1枚で運用する人にはこれがオススメかも。本体価格19800円のクーポン3000円引きで16800円!安い!安すぎる!そして静か。CPU も Pentium G6950 というそこそこのものが入ってます。これを選択するなら、

  • Express5800/S70 タイプRB
  • メモリ1G 追加
  • PT2
  • SCR3310-NTTCOM
  • B-CASカード

トータルで4万円弱でいけそうですね!問題はこのサーバは普段売っていなくて、突発的に販売される運がよくないと変えないサーバでもあります。いつ販売するかは Twitter で @nttxstore のツイートを監視する必要がありますが、あまりにもコストパフォーマンスがよすぎるので、監視する価値ありです!

日本橋や秋葉原が近ければ、自分でパーツ選んで組もうかなとも思うのですが、通販だと面倒なのでExpress5800で妥協してしまいそうです。とほほ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください