月別アーカイブ: 2011年6月

[将棋]今週はとてもエキサイティングだった

今週は名人戦やA級順位戦が開幕したりと、トップクラスのプロ棋士の対局が多い週でした。そして、その対局すべてが熱戦ですばらしいものでしたので紹介したいと思います。

日曜日

まず、日曜の朝といえばNHK杯です。今回は1回戦・第10局 永瀬拓矢四段対佐藤康光九段でした。注目の若手・永瀬四段が今もっともノリに乗っている棋士の一人、佐藤九段にどんな将棋を見せるかが興味深々でしたが、NHK史上初の、二回千日手という波乱の幕開けで始まりました。

「千日手指しなおしは、若い棋士の方が勝つ」という持論ももっている永瀬四段が先手・後手関係なくがんがん千日手に持っていきます。そして、先手・後手・先手と3局続いた中で、全局で新手を出すというすばらしい研究を披露し、勝利しました。

そんな永瀬四段、さっそく2chではテンプレートができているみたいです。

全盛期の永瀬拓矢伝説

・NHK杯で指しやすい形勢になっても、納得いかなければ千日手にした
・その指しなおし局も千日手(NHK杯史上初)
・永瀬拓矢にとっての勝利は千日手のやりそこない
・先手で千日手が特技
・優勢でも余裕で千日手
・圧倒的な玉形差、全駒確実の状況から千日手
・初手千日手を頻発
・一手詰からの千日手も日常茶飯
・3局5千日手は当たり前、3局8千日手も
・下座に座るだけで千日手は勘弁してくれと橋本崇載が泣いて謝った、心臓発作を起こす佐藤康光も
・飛車を一睨みしただけで左右に往復を始めて千日手

その新手に堂々とのって勝負した佐藤九段、あと一息で寄せれるかというところまで差を詰めるのはさすがの貫禄でした。

そして、どんな対局でもすばらしい解説あってのテレビ将棋です。この対局の解説は鈴木大介八段でした。鈴木大介八段も振り飛車の強豪で、よく手のみえる分かりやすい解説をしてくれる棋士のひとりです。鈴木八段のおかげで素晴らしい対局が、さらに素晴らしいものへとなったのは間違いありません。

そして、NHK杯が終わったあとに、囲碁・将棋フォーカスという囲碁や将棋に特化した番組があります。今回のゲストは藤井猛九段でした。藤井九段も現在、王位戦の挑戦者決定戦まで上り詰めています。が、挑戦者決定戦の相手は、羽生名人です。その大一番に向けての豊富は、

そうですね、大一番ですけどまあ~ヤな相手がでてきましたね。

クソワロタwwwwwwwwwwww

藤井九段、羽生名人から勝利をもぎ取ってタイトル戦に出てください!!

そして、日曜の夜は大和證券杯ネット将棋がありました。この棋戦はすべてネット上で対戦され、それをネットからリアルタイムで観戦できるという面白い棋戦です。

今回は佐藤九段と共にB1からA級に昇級した屋敷伸之九段と、注目の若手で昨年、王位のタイトルを奪取した広瀬章人王位の一局でした。

ちなみに、棋譜はここから見れます。

内容は、225手に及ぶ大熱戦で、広瀬王位優位と言われていたものの、屋敷九段の凄まじい粘りでついには逆転、勝利を収めました。途中なんどかどっちが優勢かは入れ替わりましたが、どちらも崩れずに均衡をたもったままの熱戦はさすがトッププロ。その気迫はネット上でも感じ取ることができました。

この対局も解説に恵まれて、永世解説名人と呼ばれる木村一基八段による解説はネット上、しかもチャットの文字だけなのに分かりやすく、そして楽しいものでした。木村八段の「駒はマス目の真ん中に」は歴史に残る名言です!

火曜日・水曜日

将棋のタイトルのなかでもっとも大きいタイトルの名人戦。今期は永世名人同士の対局だけあって両者ともに譲らずに現在羽生名人の2勝3敗。森内九段が先に名人奪取にリーチをかけています。

そんな羽生名人にとっては正念場ですが、なんとか勝利を収め、タイトルの行方は最終局までもつれ込みました。

そんな激戦の裏ではA級順位戦がスタートし、渡辺竜王対郷田九段、高橋九段対久保棋王が対局しました。

渡辺×郷田戦では、角換り腰掛銀先後同型で、郷田九段に錯覚があったのか負けルートに飛びこんでしまい、渡辺竜王が勝利しました。(参考サイト:谷川浩司九段の日記 高速ノート☆199)

A級唯一の振り飛車党の久保棋王も高橋九段に負けて1敗でのスタートとなってしまいました。

本当に今週の将棋はとても熱かったです!超満足な一週間でした☆

[Doris Days] Youtubeにネ申現れる!

学生の頃からずっと聴いているCDの中に「Doris Days」というスェーデンのグループがあります。どれくらい好きかというと、過去の日記でこんだけ熱い想いをぶちまけるほど好きです。

そんなDoris Daysですが、マイナーすぎてまったくYoutubeにもアップされていなかったのですが、20年の時を経てYoutubeにあがっていました。こんなの検索するのも僕ぐらいだと思いますが、アップしてくれた人マジ神様!

過去の日記でも紹介しているように、ダウンテンポなダークなアルバムの中で最後に希望が湧いてくるという表現をしましたが、アップロードされた曲もその部分でした。本当にこの人とは他人とは思えないですね!

M-9 The Cryer

M-10 Jumbo Jet

是非2曲続けてお聴きください!!!