[読書]ねじまき少女/パオロ・バチガルピ

本当に面白かった。今年はこれ以上の作品は出ないのではなかろうか?そう思わせる作品でした。毎年ヒューゴー・ネビュラを受賞した作品はとりあえず読むのですが、この「ねじまき少女」はヒューゴー賞/ネビュラ賞/ローカス賞/キャンベル記念賞と受賞数がまず半端ない!これだけでも期待が膨らみます。

ともあれ、あとがきから読んで見る。

舞台は近未来のタイの首都バンコク。環境破壊の影響で海面が上昇し、世界各地の都市は水没している。遺伝子操作の弊害の疫病と農作物じの伝染病が蔓延していて、病気に耐性を持つ遺伝子組み換え作物しか栽培できなくなっているため、世界経済はカロリー企業とよばれる少数のバイオ企業に支配されている。石油が枯渇してしまっているため、エネルギーはかろうじて超強力なゼンマイによって賄われている。そのゼンマイを巻いているのも、象を遺伝子操作することによってつくられたメゴドントという生物で、その飼料の供給という形で、エネルギーもまたカロリー企業の支配下にある。タイ王国は、周囲の諸国が崩壊状態にあるにも関わらず、バンコクの周囲に防潮堤をめぐらして水没をのがれ、厳格な検疫と独自の遺伝子操作によって水際で伝染病を食い止める事によって、かろうじて生き延びている。

主人公はそんなカロリー企業の一員であり、タイ王国にビジネスの輪を広げようとしている西洋人のアンダースン・レイク。実際に主人公というものが彼かと言われれば返答に困ります。主要な登場人物全員が主人公といったほうがしっくりくるでしょう。ただ、僕にとってこの物語の主人公はねじまき少女ではなく彼だったように思えます。

この世界では農作物はおろか、生き物(人間も!)をも遺伝子改良が行われています。その弊害として、突然変異を起こした伝染病や疫病に対する耐性を持つ食料が莫大な富を産み数多の外資企業(カロリー企業)が、それをエサに海抜マイナスメートルとなり周囲を産みで囲まれたタイ王国を食い物にしようとしています。

石油が枯渇し、代替エネルギー源として作中に出てくるのがメガドントという象のような大型の生物が歩くことによって歯車をまわす機械や、高性能なゼンマイです。311の事故の後に読んだことも手伝って、非常にリアルな未来の地球のように感じました。

カロリー企業代表のアンダースンが、ある日露天に並んでいた謎の果実「ンガウ」を発見したことより物語は始まります。大手カロリー企業にいるアンダースンさえ見たことのない、疫病にも耐性のあるンガウはアンダースンから見れば巨大な宝石の原石に見えたのでしょう。

やがて彼は、ンガウを対王国にばら撒いたギ・ブ・センという人物を探すようになります。その人物を探す途中に日本の手によって遺伝子操作されたねじまき少女のエミコと出会います。おそらく作者は日本のオタク文化やハイテク製品に興味があるのでしょうか。ねじまき少女や日本からはそんなイメージを受けます。もともとはご主人様のために奉仕するよう遺伝子を操作され、昼は秘書として、夜はベッドの相手をも奉仕させるよう作られているエミコは、さまざまな部分で普通の人間に逆らえない葛藤やエミコを捨てたご主人様への思い出にまみれて生活をしていました。

そんなエミコとアンダースンが出会い、さまざまな人の思いが入り混じり、思い思いの人生が動き出します。

舞台がタイ、しかも近未来ということで最初は世界観を想像するのが大変そうだと感じましたが、作者の丁寧な文章はそんなことを杞憂へと変えてくれました。ンガウ探しの冒険が始まったときから、最後まで一気に読んでしまうほどでした。

純粋な面白さ!という意味では「時間封鎖/ロバート・チャールズ ウィルスン」に軍配を上げてしまいますが、SFらしくなく、万人が読んでも途中で投げ出すような難しさもなく、安定した作品だと思います。感動もねじ巻き少女のほうが多かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください