月別アーカイブ: 2012年7月

[読書]時間封鎖シリーズ、ついに完結!

すこし前の話しになってしまいますが、ロバート・チャールズ・ウィルスンの傑作、「時間封鎖」シリーズがついに完結しました。感想を書いていなかったのでまとめてポストしようと思います。

ある夜、空から星々が消え、月も消えた。翌朝、太陽は昇ったが、それは贋物だった……。周回軌道上にいた宇宙船が帰還し、乗組員は証言した。地球が一瞬に して暗黒の界面に包まれたあと、彼らは1週間すごしたのだ、と。だがその宇宙船が再突入したのは異変発生の直後だった――地球の時間だけが1億分の1の速 度になっていたのだ!

界面を作った存在を、人類は仮定体(仮定上での知性体)と名づけたが、正体は知れない。だが確かなのは――1億倍の速度で時間の流れる宇宙で太陽は巨星化 し、数十年で地球は太陽面に飲み込まれてしまうこと。人類は策を講じた。界面を突破してロケットで人間を火星へ送り、1億倍の速度でテラフォーミングし て、地球を救うための文明を育てるのだ。迫りくる最後の日を回避できるか。

《時間封鎖》ヒューゴー賞・ネビュラ賞をダブル受賞したゼロ年代最高のSF小説と銘打たれた評判に嘘偽りのない作品でした。
突然、地球は謎の膜に覆われて星空が見えなくなってしまいます。この膜は地球を包んだだけではなく、包まれたものの時間の流れを極端に遅くしてしまうというものでした。地球での1年が外の宇宙では1億年になることに気づいた人類は、人類の科学力では太刀打ちができないことを自覚し、時間の流れの速い宇宙・火星に人類を放ちます。地球の1億倍の速度で文明が進歩していく火星に、現状の打開を託して・・・

物語はジェイスン・ダイアンの双子とその隣に住むタイラーが中心となって進んでいきます。仮定体に魅力を感じ、科学者となって仮定体の謎に挑むジェイスンと、逆に仮定体に恐怖を感じ宗教へと没頭するタイラー。そんな二人を見守るタイラーの人間関係がとても魅力的でした。

40億年におよぶ地球の時間封鎖を解くと同時に、謎の超越存在“仮定体”は巨大なアーチを出現させた。それをくぐった先は、いずことも知れぬ未知の惑星 “新世界”。人類がこの星と自在に行き来し開拓をはじめて30年が過ぎたある日、失踪した父親を追う一人の女性が“新世界”に降り立つ。一方、この地に不 思議な能力をもつ少年が生まれ、ある流星雨の夜、大陸を謎の降灰が襲った!

《無限記憶》前作の時間封鎖から30年後の新しい世界でのストーリーです。登場人物のほとんどが新しいキャラクターで構成され、SFというよりは人間ドラマに重点がおかれているように感じました。内容は面白いですが、仮定体などの謎はほとんど解明されず、続編へのつなぎという印象が強くのこる作品でした。

時間封鎖を乗り越え繁栄を謳歌する地球人類。精神科医サンドラが担当する謎めいた少年が持つノートには、一万年後の未来に復活した人々の手記が綴られてい た。サンドラは巡査ボースと協力して少年とノートの謎を追うが、不自然な妨害に遭う。一方、手記中の未来世界では、十二個の惑星を連結した〈連環世界〉を 旅する移動都市国家が“仮定体”の謎を解き明かすべく、荒れ果てた地球をめざしていた。

《連環宇宙》年代的には前作の無限記憶より十年ほど前の地球が舞台となっていますが、ひとりの青年が自分の意識とは関係なく書いてしまうノートには、一万年後の地球のストーリーが描かれており、現在と一万年後の世界の両方がかわるがわる進んでいきます。

前作の伏線がこの連環宇宙で回収されており、安心して読み終えることができました。ただ、前作が発売されてかなり時間がたっていたので、思い出しながら読むのが大変でした。この三部作は一気に全部読むことをお勧めします。

全体的によくできた作品だなという印象をうけました。ここ数年で1,2番を争う作品だと思います。また時間があるときにじっくり読み返したいと思います。

[将棋]第53期王位戦第2局 四間飛車が復活する日

  • 「羽生さんがスーパーコンピュータだとすれば、僕はフリーズばかりするオンボロパソコンです(笑)。頭の回転が遅すぎる。本当は本能で指したい。でも、ポ ンコツのエンジンでも高性能マシンに勝てるのが、将棋の面白いところ。エリートじゃなかったから、将棋をつまらないと思ったことがないんです。」 (Sports Graphic Number 2011年 8/4号
  • 「最近は居飛車党でも四間飛車を指す人がふえましたが、戦法の好き嫌いがないっていうのが、また僕には不思議です。しかも、にわか四間飛車党が結構いい味出すんですよ(笑)。でも、こっちは鰻しか出さない鰻屋だからね。ファミレスの鰻に負けるわけにはいかない。」(「鰻屋」の元ネタ。将棋世界2004年5月号P.121)
  • 「藤井システムがだめになって、むしろありがたいと思うようになった。今も勝ち続けていたら、進歩せずに終わっていた。それは恐ろしい」(2012年4月17日 朝日新聞夕刊)

とうとうこの日がやってまいりました。居飛車穴熊の前に廃れてしまった四間飛車を「藤井システム」という居玉で戦う四間飛車に改良し、さらに藤井システムが対策されると角交換型四間飛車を磨きここまでやってきました。タイトル戦でやっと日の目を見ることがかなったのです。

二年前の第58期王座戦の中でも角交換型四間飛車で羽生王座に挑みました。この頃は藤井九段がこの戦法を試しだした時期で藤井九段しか使ってなかったと思います。

そんな戦法が今では若手棋士にも採用されたり、藤井九段のタイトル戦挑戦の原動力になるほどの戦法になりました。藤井九段は四間飛車を2度よみがえらせたのです。

ここまでの王位戦の結果も、後手角交換型四間飛車で千日手(第1局・指しなおし局は藤井システムで黒星)、そして昨日・今日と行われた第2局目は先手角交換型四間飛車で会心の勝利でした!!タイトル戦という大舞台で、しかも相手は棋界のスーパースター羽生王位に!!最初から最後まで優勢で、圧倒的だったと思います。

Twitterで解説していた糸谷六段も絶賛。

【Twitter解説】
糸谷哲郎>25手目の▲7九金からの構想が素晴らしく、藤井挑戦者が一局を通じてずっと優位に立っておられました。中盤難しいところはありましたが、藤井挑戦者の会心譜ではないでしょうか。皆さまお疲れ様でした。

そして今後の日程ですが、

1局
(千日手)
2局 3局 4局 5局 6局 7局
羽生善治王位  ●
藤井猛九段  ○
日程 対局場 立会いなど 主催
1 7月10・11日
(火・水)
ホテルおもと
長野県松本市浅間温泉3丁目13-10
電話 0263-46-2385
立会:深浦康市九段
副立会:杉本昌隆七段
記録係:伊藤和夫三段
中日新聞
棋譜
2 7月24・25日
(火・水)
花びしホテル
北海道函館市湯川町1丁目16番18号
電話 0138-57-0131
立会:勝浦修九段
副立会:屋敷伸之九段
記録係:石田直裕三段
北海道新聞
棋譜
3 8月1・2日
(水・木)
ホテルニュー長崎
長崎県長崎市大黒町14番5号
電話 095-826-8000
立会:加藤一二三九段
副立会:山崎隆之七段
記録:
西日本新聞
4 8月8・9日
(水・木)
中の坊瑞苑
兵庫県神戸市北区有馬町808
電話 078-904-0781
立会:
副立会:
記録係:
神戸新聞
5 8月22・23日
(水・木)
渭水苑
徳島県徳島市沖浜東1-54
電話 088-626-0080
立会:
副立会:
記録:
徳島新聞
6 9月11・12日
(火・水)
陣屋
神奈川県秦野市鶴巻北2-8-24
電話 0463-77-1300
立会:
副立会:
記録:
東京新聞
7 9月25・26日
(火・水)
陣屋
神奈川県秦野市鶴巻北2-8-24
電話 0463-77-1300
立会:
副立会:
記録:
北海道新聞

なんと!藤井九段が1勝したので徳島県での対局が決定しました!!これは是非とも実家に帰るついでに見に行きたいものです。

藤井先生!今後もがんばってください!!

Computerjockey

ゴアトランスと言えばインドですが、Computerjockeyもインドのアーティストです。メルセデス・ベンツのMixed Tape にも収録されるなど実力は折り紙つきです。

インド最大の都市「ボンベイ」がタイトルにつく、活気のある曲です。現在はムンバイと読むみたいですが。メルセデス・ベンツMixed Tape Vol7に収録されています。

「In schā’a llāh」とは直訳すると神の意思です。Googleってアラビア語も変換できたんですね!すげぇ!!軽快なリズムで気持ちいいです。

ちなみに、カフェ・ムンバイというコンピレーションアルバムが出てますが、こちらもおすすめです。

MercedesBenz Mixedtape Vol.46 Stunning Rookies

メルセデス・ベンツが、若手アーティストが応募した曲の中から厳選した曲をMP3ファイルで公開するmixed tapeの最新版「Mixed Tape 46 Stunning Rookies」がダウンロード可能になっています。

上の画像をクリックするか、ここをクリックするとダウンロードページに飛びます。