Books」カテゴリーアーカイブ

[読書]時間封鎖シリーズ、ついに完結!

すこし前の話しになってしまいますが、ロバート・チャールズ・ウィルスンの傑作、「時間封鎖」シリーズがついに完結しました。感想を書いていなかったのでまとめてポストしようと思います。

ある夜、空から星々が消え、月も消えた。翌朝、太陽は昇ったが、それは贋物だった……。周回軌道上にいた宇宙船が帰還し、乗組員は証言した。地球が一瞬に して暗黒の界面に包まれたあと、彼らは1週間すごしたのだ、と。だがその宇宙船が再突入したのは異変発生の直後だった――地球の時間だけが1億分の1の速 度になっていたのだ!

界面を作った存在を、人類は仮定体(仮定上での知性体)と名づけたが、正体は知れない。だが確かなのは――1億倍の速度で時間の流れる宇宙で太陽は巨星化 し、数十年で地球は太陽面に飲み込まれてしまうこと。人類は策を講じた。界面を突破してロケットで人間を火星へ送り、1億倍の速度でテラフォーミングし て、地球を救うための文明を育てるのだ。迫りくる最後の日を回避できるか。

《時間封鎖》ヒューゴー賞・ネビュラ賞をダブル受賞したゼロ年代最高のSF小説と銘打たれた評判に嘘偽りのない作品でした。
突然、地球は謎の膜に覆われて星空が見えなくなってしまいます。この膜は地球を包んだだけではなく、包まれたものの時間の流れを極端に遅くしてしまうというものでした。地球での1年が外の宇宙では1億年になることに気づいた人類は、人類の科学力では太刀打ちができないことを自覚し、時間の流れの速い宇宙・火星に人類を放ちます。地球の1億倍の速度で文明が進歩していく火星に、現状の打開を託して・・・

物語はジェイスン・ダイアンの双子とその隣に住むタイラーが中心となって進んでいきます。仮定体に魅力を感じ、科学者となって仮定体の謎に挑むジェイスンと、逆に仮定体に恐怖を感じ宗教へと没頭するタイラー。そんな二人を見守るタイラーの人間関係がとても魅力的でした。

40億年におよぶ地球の時間封鎖を解くと同時に、謎の超越存在“仮定体”は巨大なアーチを出現させた。それをくぐった先は、いずことも知れぬ未知の惑星 “新世界”。人類がこの星と自在に行き来し開拓をはじめて30年が過ぎたある日、失踪した父親を追う一人の女性が“新世界”に降り立つ。一方、この地に不 思議な能力をもつ少年が生まれ、ある流星雨の夜、大陸を謎の降灰が襲った!

《無限記憶》前作の時間封鎖から30年後の新しい世界でのストーリーです。登場人物のほとんどが新しいキャラクターで構成され、SFというよりは人間ドラマに重点がおかれているように感じました。内容は面白いですが、仮定体などの謎はほとんど解明されず、続編へのつなぎという印象が強くのこる作品でした。

時間封鎖を乗り越え繁栄を謳歌する地球人類。精神科医サンドラが担当する謎めいた少年が持つノートには、一万年後の未来に復活した人々の手記が綴られてい た。サンドラは巡査ボースと協力して少年とノートの謎を追うが、不自然な妨害に遭う。一方、手記中の未来世界では、十二個の惑星を連結した〈連環世界〉を 旅する移動都市国家が“仮定体”の謎を解き明かすべく、荒れ果てた地球をめざしていた。

《連環宇宙》年代的には前作の無限記憶より十年ほど前の地球が舞台となっていますが、ひとりの青年が自分の意識とは関係なく書いてしまうノートには、一万年後の地球のストーリーが描かれており、現在と一万年後の世界の両方がかわるがわる進んでいきます。

前作の伏線がこの連環宇宙で回収されており、安心して読み終えることができました。ただ、前作が発売されてかなり時間がたっていたので、思い出しながら読むのが大変でした。この三部作は一気に全部読むことをお勧めします。

全体的によくできた作品だなという印象をうけました。ここ数年で1,2番を争う作品だと思います。また時間があるときにじっくり読み返したいと思います。

[読書]ねじまき少女/パオロ・バチガルピ

本当に面白かった。今年はこれ以上の作品は出ないのではなかろうか?そう思わせる作品でした。毎年ヒューゴー・ネビュラを受賞した作品はとりあえず読むのですが、この「ねじまき少女」はヒューゴー賞/ネビュラ賞/ローカス賞/キャンベル記念賞と受賞数がまず半端ない!これだけでも期待が膨らみます。

ともあれ、あとがきから読んで見る。

舞台は近未来のタイの首都バンコク。環境破壊の影響で海面が上昇し、世界各地の都市は水没している。遺伝子操作の弊害の疫病と農作物じの伝染病が蔓延していて、病気に耐性を持つ遺伝子組み換え作物しか栽培できなくなっているため、世界経済はカロリー企業とよばれる少数のバイオ企業に支配されている。石油が枯渇してしまっているため、エネルギーはかろうじて超強力なゼンマイによって賄われている。そのゼンマイを巻いているのも、象を遺伝子操作することによってつくられたメゴドントという生物で、その飼料の供給という形で、エネルギーもまたカロリー企業の支配下にある。タイ王国は、周囲の諸国が崩壊状態にあるにも関わらず、バンコクの周囲に防潮堤をめぐらして水没をのがれ、厳格な検疫と独自の遺伝子操作によって水際で伝染病を食い止める事によって、かろうじて生き延びている。

主人公はそんなカロリー企業の一員であり、タイ王国にビジネスの輪を広げようとしている西洋人のアンダースン・レイク。実際に主人公というものが彼かと言われれば返答に困ります。主要な登場人物全員が主人公といったほうがしっくりくるでしょう。ただ、僕にとってこの物語の主人公はねじまき少女ではなく彼だったように思えます。

この世界では農作物はおろか、生き物(人間も!)をも遺伝子改良が行われています。その弊害として、突然変異を起こした伝染病や疫病に対する耐性を持つ食料が莫大な富を産み数多の外資企業(カロリー企業)が、それをエサに海抜マイナスメートルとなり周囲を産みで囲まれたタイ王国を食い物にしようとしています。

石油が枯渇し、代替エネルギー源として作中に出てくるのがメガドントという象のような大型の生物が歩くことによって歯車をまわす機械や、高性能なゼンマイです。311の事故の後に読んだことも手伝って、非常にリアルな未来の地球のように感じました。

カロリー企業代表のアンダースンが、ある日露天に並んでいた謎の果実「ンガウ」を発見したことより物語は始まります。大手カロリー企業にいるアンダースンさえ見たことのない、疫病にも耐性のあるンガウはアンダースンから見れば巨大な宝石の原石に見えたのでしょう。

やがて彼は、ンガウを対王国にばら撒いたギ・ブ・センという人物を探すようになります。その人物を探す途中に日本の手によって遺伝子操作されたねじまき少女のエミコと出会います。おそらく作者は日本のオタク文化やハイテク製品に興味があるのでしょうか。ねじまき少女や日本からはそんなイメージを受けます。もともとはご主人様のために奉仕するよう遺伝子を操作され、昼は秘書として、夜はベッドの相手をも奉仕させるよう作られているエミコは、さまざまな部分で普通の人間に逆らえない葛藤やエミコを捨てたご主人様への思い出にまみれて生活をしていました。

そんなエミコとアンダースンが出会い、さまざまな人の思いが入り混じり、思い思いの人生が動き出します。

舞台がタイ、しかも近未来ということで最初は世界観を想像するのが大変そうだと感じましたが、作者の丁寧な文章はそんなことを杞憂へと変えてくれました。ンガウ探しの冒険が始まったときから、最後まで一気に読んでしまうほどでした。

純粋な面白さ!という意味では「時間封鎖/ロバート・チャールズ ウィルスン」に軍配を上げてしまいますが、SFらしくなく、万人が読んでも途中で投げ出すような難しさもなく、安定した作品だと思います。感動もねじ巻き少女のほうが多かったです。

[Font]これからの「正義」の話をしよう(マイケル・サンデル)

本を手に取った瞬間、「ああ、太ゴB101・・・」と呟いてしまいました。悪くはないですがバランスが悪いきがする表紙です。ちなみに太ゴB101は「こ」の字に特徴があり、上棒のハネがありません。太ゴで作ってみた。

ハーバード大学マイケル・サンデル教授の政治哲学の本です。サンデル教授は現在、NHKで放送されている「ハーバード白熱教室」で実際にハーバード大学で行った授業が公開されています。

この本の書評はまた後日。

本棚よサヨウナラ!

本を読む人の悩みの種と言えば、本の置き場所につきると思います。僕も本棚だけでは収まりきらず、積み本が大量に発生して足の踏み場に困っていました。

最近、某サイトの記事がいろんなところで話題になり本の電子化がとても身近なものに感じれるようになったと思います。

僕もScanSnapで書類や名刺のデータ化はちまちまやっていたのですが、本をバラして断裁するのには抵抗がありました。それでも、電子化したい専門書などは、知り合いの印刷屋さんで断裁してもらって、電子化していました。

先日、アマゾンから届いた本を積もうとして、部屋のなかで雪崩が起きたのを機に「どうせなら全ての本を電子化して本棚のない生活をしよう!」と思い断裁機を注文しました。

ということで、名器として誉れ高い「プラス PK-513L 26-106」が届いたので、実際に電子化してみました。

今回、電子化する本は上連雀三平の飲尿女神買ったばっかりの「王様の仕立て屋 26巻」です。


まだビニールも開封していない状態です。もちろん、読む前にバッサリやっちゃいます!

一冊まるまるだと、少し分厚いのでカッターで半分におろします。


ここで、断裁機の登場です。PK-513LはLEDの光で、断裁面を確認できて便利です。


綺麗にバラバラになったので、ScanSnapで読み取っていきます。読み取ったデータは、PDFで保存されますのでAcrobatやMacOSXのプレビューで編集します。


出来上がったPDFです、ここからPCで見る用に1ページ1ページを連番ファイル名のjpegにします。

Acrobatからは別名で保存、保存形式をJPEGにするだけで連番の画像が作成できます。


ここまできたら、あとは画像ビューワで読書タイムです。iPhoneだとi文庫でPDFがいいみたいですね。

あとは、iPadが到着したら、自分の本棚の本が全てiPadに収まるわけです。4畳分ぐらいのスペースが、たった10インチのサイズにまで小さくなったわけです。

ただ、電子データはバックアップをしっかり取っていないと、データが消えたときに大変なことになるので注意しなければいけません。

今日買った本

41s8vglirsl_ss500_1ZFS 仮想化されたファイルシステムの徹底活用

ZFSでも何でもSolaris系の情報は「docs.sun.com」を見るのが手っ取り早いのですが、一冊はリファレンス本を買っておこうと思ったのでゲットしてきました。

ページ数の割りにけっこうなお値段ですが、内容は濃いと思います。

41jpipgcwxl_ss500_1ピアノスコア →Pia-no-jaC←

最近、ビレッジバンガードでこれでもかと流れているピアノジャック。ピアノとカホンという組み合わせはなかなかよろしいです。組曲『 』はカッコいい曲ですが、僕はクラシックをカバーしたEAT A CLASSICのほうが好きです。


当分、サンホラとピアノジャックの曲を弾けるようにがんばりたいと思います。

サンホラはアークと恋人を打ち落とした日弾きたいな!

世界シェア95%の男たち IT創成期を勝ち抜いた企業の“光と影”

31br06t6ltl_ss500_13

この本の著者に近い人が友達にいるのですが、その友達から自分も少し手伝ったから読んでほしいと送ってくれました。もともと、この著者の話は聞いていたのですが(聞いた話だけでもかなり尊敬してしまったのですが)、このプレゼントはかなりうれしいです。

じっくり読んでまたレビューしたいと思います。

佐藤康光の寄せの急所 囲いの急所/佐藤康光

41tp33zd21l_sl500_aa240_

最近フカエモンとの勝率がかなり悪くなってきました。同じ実践詰将棋集をやっているはずなのに終盤の強さでかなり差をつけられてしまった感じです。

序盤はけっこう優勢な感じなだけに非常に悔しいです。四間飛車vs急戦が多いのですが、美濃の急所をガンガンつかれて寄せられてしまうのでこの本で勉強しています。

美濃、舟囲いのほかにもいっぱい実例がのっているのでこれを理解できればかなり上達できそうです。理解できれば・・・ですが。

勝負師/内藤國雄・米長邦雄

5186qp8e2zl_sl500_aa240_

小学生の頃、将棋に父親に将棋を教わってから将棋世界を読むようになったのですが、当時は内藤國雄九段の空中戦に憧れていました。当時は棋聖や王位といったタイトルをとってイケイケだったように記憶しています。米長永世棋聖との対局は「くにをあげての一局」と言われたそうです。

そんな二人の「くにお」の対談が本になったものがこの、「勝負師」です。

対談の内容は、将棋の事から始まり、勝負感、人生観、そして恋愛にまで及んでいます。坂田三吉から大山永世名人、そして羽生名人まで二人経験してきたエピソードなどをふまえて楽しく語っています。

一気に読んで最後に気づいたのですが、5年前に発行された本だったんですね・・・比較的最近の本だと思ってたのですがびっくりしました。アマゾンのおすすめで引っかかったのですが、アマゾンに感謝です。