Movie」カテゴリーアーカイブ

実写版「もやしもん」

ということで、農大で繰り広げられるドタバタ菌類マンガもやしもんの実写版を見ました。

長谷川遥役の加藤夏樹さん、かなりハマってますね。樹教授はちょっと若い気がしますががが。

そして美里薫役の笑い飯・西田。これはもうコミックを読んだ瞬間に西田を思い浮かべた人も多いだろうというぐらいのキャスティング。完全に一致。

どれくらい一致かというとこれくらい。

MM9 –MONSTER MAGNITUDE 9-

舞台は架空の 「気象庁/特異生物部/対策課」、通称【気特対】。
主人公はそこに勤める職員たちである。
彼らは、特異生物=M(モンスター)が出現しても自衛隊のように前線で戦う事はない。彼らに武器は無いのである。

山本弘原作の「MM9」がついにドラマ化しました!原作も面白いですが、ドラマも面白そうな気配がギュンギュンします。登場人物のゆるゆるっぷりも僕のすごく好みです。

あくまで、主人公は普通の公務員でモンスターとは戦えません。だがそれがいい!

ハーバード白熱教室が面白い!

創立1636年、アメリカ建国よりも古いハーバード大学の歴史上、履修学生の数が最高記録を更新した授業がある。政治哲学のマイケル・サンデル教授の授業 「Justice(正義)」である。大学の劇場でもある大教室は、毎回1000人を超える学生がぎっしり埋まる。あまりの人気ぶりにハーバード大学では、 授業非公開という原則を覆し、この授業の公開に踏み切った。ハーバード大学の授業が一般の目に触れるのは、史上初めてのことである。

NHK ハーバード白熱教室

今日、4回目の放送があったのですが、撮り貯めていた第1回目から見ています。1回目は「殺人に正義はあるのか」というテーマで議論がはじまります。

1000人を超える生徒がこの授業を受けるというのが納得できる面白い内容でした。NHKも本気だせばこういう優秀な番組を輸入できるのに・・・つまらない韓国ドラマとかにお金を使わないでほしいですね。

これはiPhoneに入れて気軽に見れそうです。

男と女の不都合な真実

theuglytruth

最終日に間に合いました。イオン綾川。ガラガラです。大丈夫かイオン。まあ、館内もガラガラで映画を視聴する環境としては最高だったんですが。

「男と女の不都合な真実」。邦題はまったくセンスがありません。「The Ugly Truth」のほうがしっくりきます。まあ、中身はセンスが光る作品でしたが。

なんていうか、ストーリーはありきたりとか気にしちゃいけません。そういう所を気にする映画じゃありません。ラブコメとしてはかなりの逸品です。

というか最初から最後まで笑いまくって満足ってかんじのアタリ映画でした。

しかも、BGMに挿入歌が10曲ぐらい入ってるのですが、これがすべて名曲ぞろいです。幸いほとんど持ってる曲だったので紹介しますね。(ちなみに全部iTMSで販売している曲です)

長くなるので折り畳んでます。
続きを読む

チョコレートファイター

マイナー映画大好きな僕としては見逃せない映画が公開されています。

「マッハ!!!!!!!!」や「トムヤンクン」のプラッチャヤー・ピンゲーオ監督の新作です。

チョコレート・ファイター

えーっと、上映は・・・新宿ピカデリー!!ということで6/1から一週間、東京にいますので誰かつれてってください!!!