Photo」カテゴリーアーカイブ

[物欲] Samyang 12mm FishEye

20160704_fisheye

以前に楽天ポイントが余っていたので遊びのつもりで買ったサムヤンの14mm/F2.8が意外と良かったのでFishEyeも買ってみました。上の写真だと左側になります。

画質としてはこんな感じ(4200万画素)です。なかなか良いと思います。
マニュアルフォーカスレンズですが、ほぼパンフォーカスで使用するのでMFで不便を感じることはありませんでした。

買って良かった一本ですね!

[物欲] ACRU カメラストラップ

先月、大阪に行った際立ち寄ったACRUのお店でストラップを新調しました。
20160616_ACRU02
あーでもないこーでもないと選んでるところ

今までは斜めがけタイプだったのでストラップの長さが120cmぐらいありました。斜めがけは確かに楽チンでしたが、やっぱり長いのでカバンに入れたりするときに不便でした。

今回はその教訓を生かして、肩掛け出来るよう90cmにしました。

20160616_ACRU01こんな袋に入ってきました。

久しぶりにストラップを付け替えると結び方を忘れていて悪戦苦闘してしまいました。

20160616_ACRU03

試しに肩掛けしてみましたが、ジャストサイズでした。これでお散歩写真が捗りそうです。

[物欲] HELIAR 40mm F2.8 + VM-E Close Focus Adapater

HELIARの説明は3分17秒あたりから

ずっと気になって気になっていたレンズです。言葉で説明するより上の動画が全てを物語ってくれています!

実際つけてみるととてもコンパクトです。上の動画でもおっしゃってますが、本当に製造精度が高く、マウントにつけた時の滑らかさは素晴らしいです。

20160616HELIAR_VM-E

コンパクトですが高級感もあり、満足できる一品です。レンズキャップの代わりに付けっぱなしにするのもアリだと思います。

 

[物欲] SONY α7RⅡ

もともとα7Rを使っていたのですが、Aマウント時代のボディ内蔵手ぶれ補正に慣れきってしまったゆるい人間なので、ブレブレ写真を量産しまくってストレスになっていました。

そんな中、α7Ⅱが発表され手ぶれ補正が内蔵されたことで、これはα7Rにもクルー!?と期待していました。どうせならα7Ⅱでもよかったのですが、4200万画素の誘惑には勝てませんでした。

ilce−7rm2
α7RⅡ+Sonnar 55mm F1.8

α7RⅡと55mmの組み合わせはシャープでとても素晴らしい描画だと思います。まずは一本、と言われるとこのレンズです。

そして、一番嬉しいのは、ブラケット撮影。今までの機種では3段+3枚でしたが、この機種より5枚ブラケットが可能になりました。6EVから12EVと飛躍的にカバーできる範囲が上がり、HDR撮影に最高の機種だと思います。

カシオ、写真を“HDR風”などに加工するWebサービス

カシオがWeb上でHDR風の写真を作成できるサービスを開始するようです。

カシオ、写真を“HDR風”などに加工するWebサービスITmedia デジカメプラス

見た感じ、よさそうですね〜。真っ黒な陰の部分もしっかり階調がのこっているのがすごい。気になったのでオリジナル画像を見るとExifがしっかり残ってました(笑)EOS-1DS Mk3 で撮影されたようです。

1DS Mk3 といえばデジタル一眼レフ最高のブラケット撮影ができる機種ですね。2段の7枚ブラケットという驚愕の14EV HDRが一瞬で撮影できるなんて、想像しただけでヨダレが出そうです。

ソニーも7枚とはいいませんが5枚ブラケットぐらいは対応してほしいもんです。

脱線しましたが、このカシオのサイトはRAWデータもいけるのかが気になるところですね。またサービスが始まったら試してみたいと思います。