新漢詩紀行」タグアーカイブ

老境おまけ 王維「秋夜獨座」「歎白髮」

詩仙、詩聖とくれば、詩仏も紹介したいと思います。詩仙・李白、詩聖・杜甫に並び称される、詩仏・王維です。王維も李白・杜甫と同じように、順風満帆な人生とは言いがたく、若いうちに左遷にあったり、安禄山の乱の時には反乱軍に捕らえられて脅迫され、反乱軍の官吏として働くことになります。

このことが後に、逆賊として糾弾を受けることになります。この時は、王維の弟(王縉)が自分の地位を捨ててでも兄を助けてほしいと粛宗に嘆願し、無罪となります。ただ、若いうちに奥さんが亡くなったしていますので、ずいぶんと独り身生活が長かったと思います。

そういった内面的な苦悩は深められていき、いつしか仏教に傾いていきます晩年の詩には仏教用語がたくさん出てきていることからもうかがえます。

晩年の詩はそんなに有名ではないので、いい紹介サイトが見つからなかったので僕が訳しましたので、正確ではないかもしれませんが・・・

原文 書き下し文
獨座悲雙鬢 独り坐して雙鬢(そうびん)を悲しむ 秋の夜に独り坐し、両の鬢(びん)のうすく白くなったのを悲しんでいると
空堂欲二更 空堂にこうにならんと欲す 人気のない部屋で夜の10時になろうとしている
雨中山果落 雨中 山果落ち 雨音にまじって山の木の実の落ちる音や
燈下草蟲鳴 灯火 草虫鳴く 灯火(ともしび)のもとに秋の虫の鳴く声
白髪終難變 白髪 ついに変じ難く 私の白髪はいかにあがこうとも黒くはならず
黄金不可成 黄金 成るべからず 不老不死の仙薬は黄金から作れるわけではない。
欲知除老病 老病を除くを知らんと欲せば 老いや病気から逃れるすべを知りたければ
惟有學無生 ただ無生(むしょう)を学ぶ有るのみ 仏門の扉を開くしかないのではないか

王維は妻と母に早くに先立たれ、その後はずっと独身だったと言われています。その苦悩を独り座してこの詩を歌ったのでしょう。

原文 書き下し文 通釈
宿昔朱顏成暮齒 宿昔の 朱顏 暮齒を成す 昔の若者も、年をとって老人になり、
須臾白髮變垂髫 須臾にして 白髮  垂髫を 變ず お下げの子供も、たちまちに白髪へと変わってしまう。
一生幾許傷心事 一生 幾許の 傷心事 一生のうちに、どれだけ多くの心を痛めるような出来事があるのか。
不向空門何處銷 空門に 向かはずんば 何處にか 銷さん 仏門に入らないのであれば、どのようにしてこの傷を消し去ってしまえるのか。

無生というのは、人間を含む全ての存在は本質的には存在しない現象に過ぎないから、発生することも消滅することもないという仏教の真理です。ここでは、仏典のことを指しており、仏門・仏教そのもののことだと思います。

王維と言えば、孟浩然・柳宗元と並び称される自然派詩人の代表選手ですが、晩年にはこういったもの悲しい詩もたくさん出しています。

また、王維は詩以外にも山水画でも後世に讃えられる作品を世に出しています。妻や母を失った悲しみを芸術に昇華させていたのかもしれません。

ただ、唯一の救いは、晩年に遠くに赴任していた弟を近くで一緒に住みたいと嘆願し、それが許可されたことでしょうか。

新漢詩紀行「老境」其の2 杜甫「登高」

二日目は杜甫です。杜甫は李白と違い、代々唐に使えた役人の出で、唐に使えることが至上の喜びという人物だったみたいです。そんな唐スキーな杜甫でも、人生はままならないものでした。

安禄山の乱で蜀へ脱出した玄宗と粛宗を追って、長安の脱出を試みたところ反乱軍に捕らえられ幽閉されてしまいます。そんなに高位ではなかったため開放してもらえたと思ったら、仲間を弁護したところ敬愛する粛宗から左遷させられたりと、不遇な人生を送っています。

原文 書き下し文
風急天高猿嘯哀 風急に天高くして 猿の嘯(な)くこと哀し 風は烈しく空は澄み渡り、猿の鳴き声が悲しげに響く
渚清沙白鳥飛廻 渚清く 沙白くして 鳥飛び廻る 川辺は清らかで、砂は白く、トリが輪を描いて飛んでいる
無邊落木蕭蕭下 無辺の落木 蕭蕭(しょうしょう)として下り 見渡す限りの木の葉はさびしげに散り、
不盡長江滾滾來 不尽の長江 滾滾(こんこん)として来る 尽きることのない長江の水は、後から後から流れてくる
萬里悲秋常作客 万里悲秋 常に客となり 故郷を遠く離れて、この悲しい秋を迎えた私は常に旅人の身
百年多病獨登臺 百年多病 独り台に登る ずっと病気がちの体で、今独りで、この高台に登っている。
艱難苦恨繁霜鬢 艱難 苦(はなは)だ恨む 繁霜の鬢 苦労を重ねて、真っ白になった髪が恨めしい
潦倒新停濁酒杯 潦倒(ろうとう) 新たに停む 濁酒の杯 老いさらばえて濁り酒すらやめなくてはならない。

この詩を歌った時、杜甫はすでに56歳で親交を深めた李白や他の友人たちはもうこの世にはいませんでした。酒はそんな悲しみを消す唯一の妙薬でしたが、それすら病で飲めなくなってしまいました。そんな悲しみの歌をこの、七言律詩の中でも全ての句を対句にするという高い技巧の中にちりばめています。

この作品は、杜甫の中でも代表作とも言え、全ての七言律詩のなかでも頂点と言っても過言ではないと思います。高い技巧の中に自らの晩年の哀愁と悲しみをあらわしています。

絶句は李白、律詩は杜甫というイメージ。

新漢詩紀行「老境」其の1 李白「秋浦歌」

今週の新漢詩紀行のテーマは「老境」。人生の末期に歌われた詩を特集しています。新漢詩紀行では、李白・徒歩が出てきますが、唐の宮廷詩人(李白・杜甫・王維)は晩年に流刑や左遷・戦乱にあい孤独を感じていい最後を迎えたとは言いがたいですが、残した詩は素晴らしいものがたくさんあります。

この時代に出てくる有名な人物といえば、玄宗皇帝、楊貴妃、安禄山、高力士、楊国忠でしょうか。安禄山の乱だけで語りだすとかなりの量になるので今回は詩人についてです。

李白は不遜な態度で高力士から反感を買い、左遷されます。酔っ払った李白が高力士に靴を脱がすというシーンはどの話にも乗っているほど有名です。幼稚園の頃、父親に買ってもらった手塚治監修・中国の歴史にもしっかりのっているほどです。そして、楊貴妃に送った詩に難癖をつけられて、左遷されてしまいます。

ちなみに、このとき送った詩は「宮中行楽詞」という楊貴妃を、前漢の趙飛燕に例えています。ただ、趙飛燕という人物は、超絶美人で歌も踊りもプロと、楊貴妃とすごく似通っている部分が多かったみたいですね。それで李白も趙飛燕に例えたのですが、成帝の不審死に関わっているとされている人物なので、そこに難癖をつけられたということになっています。手塚治監修では、単純に出自が卑しい身分だったので、そんな女と比べるとはけしからん!みたいな内容になっていたかと思います。

そんな李白が老いを迎えて秋浦で歌った詩です。

原文 書き下し文 通釈
白髪三千丈 白髪 三千丈 私の白髪は三千丈
縁愁似箇長 愁に縁りて箇(かく)の似(ごと)く長し 憂愁の末にこんなにも長くなってしまった
不知明鏡裏 知らず 明鏡の裏 澄んだ鏡に映る白髪頭
何處得秋霜 何れの処にか秋霜を得たる この秋の霜のような白髪は、一体どこから降ってきたのだろうか

白髪三千丈のくだりはすごく有名ですが、この誇張表現がままならぬ人生への憂いをいっそう引き立てています。多大な才能に恵まれた李白でも、晩年には挫折感をここまで感じさせる悲哀の歌を詠んでいるのです。

若い時代の不遜な態度を後悔しているかもしれません。現代人として、このような素晴らしい人生の先輩への畏敬の念を持ち、思慮深く物事を捉えることを心がけたいと思います。

越中覧古/李白

出るだろうとは言っていましたが、次の日とは思っていませんでした。ということで、呉越同舟の越国の詩です。

前回登場した呉王・夫差に破れ、毎日毎日、獣の苦い肝を嘗めて恨みを忘れなかった越王勾践がリベンジを果たします。実は夫差の父親も越に敗れていて、夫差はその恨みを忘れないために毎日薪の上で寝ていたみたいです。

この二人の辟易するような行動をあわせて「臥薪嘗胆」という古事になりました。

越中覧古 李白
越王句踐破呉帰
義士還家尽錦衣
宮女如花満春殿
只今惟有鷓鴣飛

越王の句踐は呉を破って凱旋してきた
忠義の勇士達も錦の衣を着飾って故郷に帰ってきた
宮中の女性たちは美しい花のように春の宮殿に満ち溢れていた
しかし今はただ栄華の後に切ない泣き声を響かせて鷓鴣(しゃこ)が飛ぶばかり

と呉は破れたわけですが、呉には有名な伍子胥という軍師がついていました。この人も復習・恨みといった単語がよく似合う人だったらしく、夫差とは同属嫌悪だったのでしょうか、馬が合わなかったみたいですね。

蘇台覧古/李白

今週の新漢詩紀行は「懐古」です。いきなり大好きな詩がきました、李白の「蘇台覧古」です。題材が懐古というだけあって、李白の時代・唐から千年以上前の時代を歌ったものになります。僕の大好きな春秋時代です。

この春秋・戦国時代は、周という国の力が衰えてきて「覇王」という諸国を代表する王が主権を持つ時代でした。主に「春秋五覇」と呼ばれ、五人の覇王が順に権力を持ちました。

今回の詩の蘇台覧古は、蘇台という呉の王宮を歌った詩です。呉の王様は夫差(ふさ)という人は、ライバルの越に勝利し、覇王となるのですが、五覇に入ったり入らなかったり歴史書によってはまちまちです。めちゃくちゃ強かったというわけではなかったのと、最期が微妙だったのが原因だと思われます。

蘇台覧古 李白
旧苑荒台揚柳新、
菱歌清唱不勝春。
只今惟有西江月、
曽照呉王宮里人。

古い庭園、荒れ果てた高台に、柳だけが新しい芽をつけている
被子の実おをとるむすめたちの、清らかな歌声がきこえてくる
そんな歌声をきくと、私は春の感傷的な思いに絶えられない
今も昔も、変わらないものは西江の水面に昇る月の光
この月はかつて呉王の宮殿の、絶世の美女を照らしたのだ。

この絶世の美女というが、中国の歴史上で有名な「西施(せいし)」です。呉王夫差は、越の国の侵攻に成功し、越の王様・勾践を捕らえますが、命を助けます。助けたお礼にと、勾践から送られてきた美女が西施です。当然、ハニートラップなのですがこの世のものとは思えないほどの美女で、夫差は西施にくびったけで、政事を疎かにして国力を落としてしまいます。

そこにコソコソと国を鍛えていた勾践に滅ぼされてしまいます。こうして、勾践も覇王の仲間入りを果たします。

この時代は話しだすと、キリがありませんので詩の話に戻りますが、李白は越の国の詩も書いています。「越中懐古」という詩です。今週来週と、「懐古」シリーズが続くのでこの詩も放送されるかもしれませんね。楽しみです。

いやしかし、春秋戦国時代は本当に面白いので、たくさんの人に読んでほしいと願います。

一杯一杯、また一杯

今週の新漢詩紀行のテーマは「酒を友に(パート1)」です。パート1ということは、来週も同じテーマだとおもいます。

漢詩では、酒を題材にしたものはたくさんあります。今週は有名な詩ばっかりですね。

李白「山中興幽人対酌」
于武陵「勧酒」
杜甫「飲中八仙歌」
王維「少年行」、李白「少年行」
自ら酒造りに励んだ白楽天(余話)

ということで、李白の詩「山中興幽人対酌」の有名な句がタイトルの「一杯一杯複一杯」です。

山中與幽人對酌
李白

兩人對酌山花開,
一杯一杯復一杯。
我醉欲眠卿且去,
明朝有意抱琴來。

山中にて幽人と対酌する
李白

兩人 對酌して  山花 開く,
一杯 一杯  復(ま)た 一杯。
我 醉(ゑ)ひて 眠らんと欲す  卿(きみ) 且(しばら)く 去れ,
明朝 意 有らば  琴を 抱いて 來たれ。

隠者と二人、向かい合って酒を酌み交わせば、周りには山の花がほほえむ
一杯、一杯、また一杯と杯をあける
わしはもう酔ってねむくなった
きみはまあ、ちょっと帰れ
明日の朝、気が向いたら琴をかかえてまたきておくれ

燕詩示劉叟/白居易

今週の新漢詩紀行のテーマは「情愛」でした。月曜から詩経の桃夭ではじまる素晴らしいラインナップでした。月曜の桃夭と金曜の燕詩示劉叟。どちらもすごく好きな詩です。

桃夭は韻の踏み方が心地よく、加藤剛さんの朗読がとてもグッときます。江守徹バージョンも聴いてみたいですがが。

そして金曜日はみんな大好き白楽天。

番組では時間の都合か切り抜かれていたりします。

白楽天の詩は、文学に長けた者でなくても理解できるように作られた詩がおおく、この詩もわかり易いですね。せっかくの素晴らしい詩なので、全文を記載しておきます。

燕詩示劉叟  燕(つばめ)の詩劉叟(りゅうそう)に示す
白居易

梁上有雙燕  梁上(りゃうじょう)に雙燕(そうえん)有り
翩翩雄與雌  翩翩(へんぺん)たり雄と雌と
銜泥兩椽間  泥を銜(ふく)む兩椽(りょうてん)の間
一巣生四兒  一巣に四兒(しじ)生む
四兒日夜長  四兒日夜長じ
索食聲孜孜  食を索(もと)めて聲は孜孜(しし)たり
青蟲不易捕  青蟲(せいちゅう)捕え易(や)すからざるも
黄口無飽期  黄口飽く期(とき)無し
觜爪雖欲弊  觜爪(しさう)弊(つか)れんと欲(ほっ)すと雖(いへど)も
心力不知疲  心力疲るるを知らず
須臾千來往  須臾(しゅゆ)に千たび 來往し
猶恐巣中飢  猶ほ巣中の飢を恐るるがごとし
辛勤三十日  辛勤三十日
母痩雛漸肥  母痩せて雛漸(ようや)く肥ゆ
喃喃敎言語  喃喃(なんなん)として言語を敎え
一一刷毛衣  一一毛衣を刷(ぬぐ)ふ
一旦羽翼成  一旦羽翼 成りて
引上庭樹枝  引(ひき)ゐて庭樹の枝に上る
舉翅不回顧  翅(つばさ)を舉(あ)げ回顧せずして
隨風四散飛  風に隨(したが)ひ四散して飛ぶ
雌雄空中鳴  雌雄空中に 鳴き
聲盡呼不歸  聲盡(つ)くるまで呼べども 歸らず
卻入空巣裏  卻(しりぞ)きて空巣の裏(うち)に入り
啾終夜悲。  啾(ちうしう)終夜悲しむ
燕燕爾勿悲  燕や 燕爾(なんぢ)悲しむ勿(なか)れ
爾當返自思  爾(なんぢ)當(まさ)に返って自(みづか)ら思うべし
思爾爲雛日  思へ爾(なんぢ)雛爲(た)りし日
高飛背母時  高飛して母に背(そむ)きし時を
當時父母念  當時(とうじ)の父母の念(おもひ)
今日爾應知  今日爾(なんぢ)應(まさ)に知るべし

聞白樂天左降江州司馬

この詩は元槙の代表的な詩です。左遷されて失意のどん底にいる元槙が、親友の白楽天までが左遷させられたと聞いたときに読まれたものです。

  • 聞白樂天左降江州司馬   白樂天の江州司馬に左降せられしを聞く

殘燈無焔影幢幢   殘燈焔(ほのお)無くして影幢幢(とうとう)

此夕聞君謫九江   此の夕べ聞く君が九江に謫(たく)せられしを

垂死病中驚坐起   垂死(すいし)の病中驚きて坐起すれば

暗風吹雨入寒窗   暗風雨を吹きて寒窗(かんそう)に入る

ともし火の炎が消えかかり、影がゆらゆらと揺れている

今宵、君が九江の地に左遷されることをを聞いた

私は今にも死にそうな病に伏しているが

驚きのあまり起き上がると、雨を含んだ夜風が寒々とした窓に吹き込んでいる

この詩に対して深く研究されている資料があるので、転載しておきます。

論文:元槙「聞白楽天左降江州司馬」詩の解釈をめぐって(詩人の情の表現のされ方について)

八月十五日夜禁中

毎朝かかさず「新漢詩紀行」を見ているのですが、最近好きな詩ばっかり続けて出てくるので朝から幸せな気分です。

今週は「交友」を題材にした詩をとりあげています。

この詩も左遷された親友を思って書いた詩です。

  • 八月十五日夜禁中獨直對月憶元九  (八月(はちがつ)十五日(じゅうごにち)夜(よる)、禁中(きんちゅう)に独(ひと)り直(ちょく)し、月(つき)に対(たい)して元九(げんきゅう)を憶(おも)う)

銀台金闕夕沈沈   銀台金闕(ぎんだいきんけつ)夕べ沈沈(ちんちん)

独宿相思在翰林   独宿(どくしゅく)相い思いて翰林(かんりん)に在り

三五夜中新月色   三五夜中(さんごやちゅう)新月の色

二千里外故人心   二千里外(にせんりがい)故人の心

渚宮東面煙波冷   渚宮(しょきゅう)の東面煙波(えんぱ)冷ややかに

浴殿西頭鐘漏深   浴殿の西頭(せいとう)鐘漏(しょうろう)深し

猶恐清光不同見   猶を恐る清光(せいこう)同じくは見不(みられず)ことを

江陵卑湿足秋陰   江陵は卑湿にして秋陰足(しゅういんおお)し

宮中のあちこちにそびえる高殿が、ふけゆく夜のしじまの中に見える。

私はひとり、翰林に宿直しながらキミのことを思っている。

今宵は十五夜、上ったばかりの名月に

遥か二千里の彼方にいる君の心が忍ばれる。

君のいる、いにしえの宮殿のあとには

もやに霞む水面に月が冷たく光っているだろう。

私のいる宮中の浴殿は、水時計の音が静寂のなかに深深と刻まれている。

心配なのは、この清らかな月影を君が見られないかもしれないということだ。

なぜなら君のいる江陵の地は、低く湿っぽく秋も曇りがちの日がおお多いというから。

ちなみに、このとき思っている親友は、元槙のことです。